.... .... 2017ACLラウンド16第2戦 鹿島アントラーズが広州恒大に勝利も敗退 | サッカー、Jリーグ好きの趣味ブログ

サッカー、Jリーグ好きの趣味ブログ

Jリーグに興味のある人は是非参考にして下さいね

2017ACLラウンド16第2戦 鹿島アントラーズが広州恒大に勝利も敗退

time 2017/05/31

2017ACLラウンド16第2戦 鹿島アントラーズが広州恒大に勝利も敗退

2017年5月30日、ACLのラウンド16の第2戦、鹿島アントラーズと中国の広州恒大(コウシュウコウダイ)の試合が、鹿島アントラーズのホームスタジアムで行われました。

第1戦は惜しくも0-1の敗戦。

ただし、スコア以上に力の差を感じた悔しい試合となってしまいました。

ただし、今日の試合では前節にケガで欠場していた植田選手が復帰。鹿島アントラーズの勝ちパターンは固い守備からのカウンターですので、彼の復帰はやはり大きかったと言える試合になってほしいものです。

そこでこのページでは、2017年ACLラウンド16の第2戦、鹿島アントラーズと広州恒大との試合の結果と感想について簡単に説明させていただきます。

興味のある人は是非参考にして下さいね。
スポンサーリンク


2-1で勝利もアウェーゴールにより敗退

見出しで触れているように、この日の試合は鹿島アントラーズが見事に勝利しましたがアウェーゴールの得点数によってACLの敗退が決定しました。

先制点を挙げたのは鹿島アントラーズ。

しかも、今シーズンに新加入したがイマイチ馴染め切れないでいたペドロ・ジュニオール選手のゴール。

この日のペドロ・ジュニオール選手は良かったですね。彼らしい強引な突破からチャンスを演出していました。得点も強引なドリブルから生まれましたし。

2点目の金崎選手のゴールも素晴らしかったです。

右のアウトサイドでのループ気味のシュート。なかなかサッカーでは見られない珍しい種類のゴールでしたね。どちらかと言うとフットサルとかでありそうな技ありのゴールでした。流石はフットサル出身の選手です。

2得点が素晴らしかった分、失点が悔やまれます。たらればを言っても意味はありませんが、あの1失点がなければベスト8に進出していましたもんね・・・

得点を挙げたのはまたもやパウリーニョ選手。この選手はJリーグ勢のチームでいつも決めますね。

ただ、少し残念な本当に勿体無い失点でした。

相手のロングスローにヘッドですらされて2人がドフリー・・・

またGKの対応もイマイチでしたね。ただGKのスンテ選手の活躍によって前回の試合は何とか0-1ですんだので、この試合の彼を責める気にはなれません。
スポンサーリンク


やはりACLは苦手な鹿島アントラーズ

ここ数年Jリーグのチーム自体はなかなかACLを勝ち進めていないので、鹿島アントラーズだけにその責任を押し付けるのも如何なものかと思いますが、素朴な疑問ですが何故あんなに国内では強いチームがACLでは勝てないんでしょうかね?

2008年のACLのベスト8を最後に、2009年、10年、11年、そして今年の17年は全てベスト16で敗退。(2015年はグループリーグ敗退)

2016年のクラブワールドカップでは鹿島アントラーズのサッカーは間違いなく通用していましたので、アジア相手には苦手にする何かがあるんですかね?

ACLでJリーグのチームが敗退する度にどういったスタイルのサッカーを日本は目指すべきなのか考えさせられてしまいます。

まあ、鹿島に関わらず他のJリーグのチームも近年のACLで勝ててないので、本当に分からないんですけどね・・・

あー悔しい・・・
スポンサーリンク