.... .... 2017年ACL鹿島アントラーズがホームでムアントンユナイテッドに勝利 | サッカー、Jリーグ好きの趣味ブログ

サッカー、Jリーグ好きの趣味ブログ

Jリーグに興味のある人は是非参考にして下さいね

2017年ACL鹿島アントラーズがホームでムアントンユナイテッドに勝利

time 2017/05/11

2017年ACL鹿島アントラーズがホームでムアントンユナイテッドに勝利

2017年5月10日、2017年度ACLのグループステージ最終戦、鹿島アントラーズとタイのムアントンユナイテッドとの試合が鹿島のホームスタジアムで開催されました。

鹿島アントラーズは前節の時点で、見事にグループリーグ突破を確定させています。

グループリーグで残されているのは、1位で突破するのか?2位で突破するのか?の2択のみです。

実は2位でグループリーグ突破になってしまうと、ベスト16で川崎フロンターレとの対戦になってしまいます。

そのため、Jリーグ同士の潰し合いにならないためにも、この試合はきっちり勝利してほしいと思います。

実際にムアントンユナイテッドにはアウェーで敗戦していますので、リベンジの意味もありますしね。

そこでこのページでは、2017年度ACLグループステージ第6戦、鹿島アントラーズとムアントンユナイテッドの試合の結果と感想について説明させていただきます。

Jリーグに興味のある人は是非参考にして下さいね。
スポンサーリンク


鈴木 優磨選手の2ゴールによって2-1で勝利

この試合もやってくれましたね。本当に鈴木 優磨選手の決定力には驚かされます。

スコアは1点差で、タイのムアントンユナイテッドにもいくつか決定機がありましたが、全体的には鹿島アントラーズのペースで試合が進みましたね。

特に2-1になってから、鹿島アントラーズがしっかりと守備ブロックを作って以降はタイのムアントンユナイテッドの攻撃はほとんど跳ね返していましたね。

1失点も鹿島アントラーズのミスと相手選手のスーパーミドルシュートから生まれましたし、スコア以上に力の差はあったんじゃないでしょうか?(しかしあのミドルは凄かった)

ただ、今年のACLで最も驚かされたのは、間違いなくムアントンユナイテッドの躍進です。

グループリーグを突破したのもまぐれじゃないですね。

今までの東南アジアのチームの印象は、個人技はあるけどフィジカルの強さと守備の連携に弱点があると思っていましたが、このチームを見る限りは玉際もガンガンきますし、前線から連動したプレスを仕掛けてくるし、今まで戦ってきた東南アジアのチームとは明らかに違いを感じました。

今後、アジアのサッカーはますます厳しさが増していきそうな雰囲気ですね。
スポンサーリンク


ラウンド16の対戦は中国の広州恒大に決定

この日の結果により、鹿島アントラーズがラウンド16で戦う相手は中国の広州恒大との試合に決定しました。

中国スーパーリーグを6連覇中、そしてACLも過去2回優勝しているアジアの化け物クラブですね。

ただし、2017年度のACLを見る限り、明らかにチームとしてのピークは過ぎた印象があります。

試合を見ていても一時期の圧倒的な強さは感じませんね。実際にグループリーグは2位通過となっていますし、今の広州恒大なら贔屓目に見なくても、鹿島アントラーズの方が勝てる可能性は高いように感じます。

また、グループリーグ突破したJリーグ勢の3チームがラウンド16で当たらないのも非常にありがたい話ですね。

敗退したガンバ大阪は残念でしたが、終わってみれば上々のグループリーグの結果だったんじゃないでしょうか?

今年こそACLを日本が奪還するために頑張ってほしいですね。
スポンサーリンク