.... .... DAZN(ダゾーン)のJリーグ・ゾーン(#JZN)を視聴しての感想 | サッカー、Jリーグ好きの趣味ブログ

サッカー、Jリーグ好きの趣味ブログ

Jリーグに興味のある人は是非参考にして下さいね

DAZN(ダゾーン)のJリーグ・ゾーン(#JZN)を視聴しての感想

time 2017/04/02

DAZN(ダゾーン)のJリーグ・ゾーン(#JZN)を視聴しての感想

2017年4月2日のJリーグの試合から、DAZNが新しい試みを始めました。

その試みの名前は「Jリーグ・ゾーン」。

「Jリーグ・ゾーン #JZN」とは、試合のライブ配信が2試合以上ある時に視聴できるライブ番組で、チャンスメイクシーンやゴールシーン、 FKやPKなど、DAZNが試合映像から選んだ注目シーンをマルチ画面でライブザッピングで配信します。

1画面で最大3つのライブ配信を見ることができ、 スタッツやSNS投稿内容を表示するサブ画面、各試合のスコアを表示するアンダーバーも用意してくれています。

正直この説明だけでは実際に視聴するまでは何のこっちゃ分からないと思いますが、簡単に言えば「DAZN」側が選んだ試合3試合を同時に観戦する事ができ、更にその3試合以外でもPKやフリーキック、コーナーキック、など得点シーンが生まれそうな試合があれば自動でその試合に映像が切り替わり、実際に得点シーンが生まれれば即座に試合映像が自動で切り替わる番組の事です。

そこでこのページでは、実際に「Jリーグ・ゾーン」を視聴してみての感想を説明させていただきます。

JリーグやDAZNに興味のある人は是非参考にして下さいね。
スポンサーリンク


特に注目している試合がないのであれば非常に面白い番組

この「Jリーグ・ゾーン」を視聴してみての正直な感想は、「とても面白い!」という素朴な感想でした。

見出しでも触れているように、特に自分が注目している試合がない時間帯なのであれば、ほぼ全ての試合の大まかな雰囲気を味わう事が可能です。

この日私が視聴した「Jリーグ・ゾーン」が配信している間に行われた試合のゴールシーンは全て見る事ができました。

他会場でセットプレーのシーンがあると、高い確率で他会場の試合に場面が切り替わるため、番組を視聴中に行われた試合のセットプレーもほぼ全ては視聴できたんじゃないでしょうか?

番組を視聴中に本当に慌しいほど放送している試合の画面が別の試合の画面に切り替わります。多ければ1分の間に数回ほど切り替わっている印象ですね。

文章でこういった事を聞くと「慌しくて試合に集中できない」と思われてしまうかも知れませんが、切り替わった試合の場面は得点シーンや得点が生まれそうな惜しいシーンが多いので、見ていて非常に楽しく決して飽きる事はありませんね。

自分が応援しているチームの試合や、注目している試合があるのであれば、得点シーンやチャンスのシーン以外でも試合の駆け引きや中盤での攻防なども気になりますので、こういった頻繁に他の試合に切り替わる放送は迷惑かも知れませんが、特に注目している試合が配信されていない時間帯なのであれば非常にオススメの番組だと自信を持って言える楽しさでした。

サブ画面にスタッツを載せてくれるのも非常に便利

この「Jリーグ・ゾーン」という番組の視聴中には、常にサブ画面が用意されており。その部分には各試合のスコアやスタッツなどが常に表示されています。

表示される内容は自動でコロコロ更新されており、地味ではありますがこの機能は非常に便利ですね。

Jリーグの試合を観戦中に他会場の試合経過や結果が気になって、ネットで調べながらサッカーを観戦している人は非常に多いと思いますが、この「Jリーグ・ゾーン」を視聴していればわざわざ自分で調べなくても勝手に他会場の試合の情報がどんどん表示されてくれますので。

今後もしかしたら表示されるスタッツの内容も増えるかも知れませんが、4月2日の「Jリーグ・ゾーン」が開始された日の番組を見る限りは、以下のスタッツが表示されていました。

他会場の試合のスコアや得点者の名前、シュート数、枠内シュート数、コーナーキック数、ファール数、イエローカード数、オフサイド数、支配率、パス成功率、敵陣パス成功率。

現時点でも結構充実したスタッツを載せてくれています。

この他にも走行距離やスプリント数なども載せてくれたら更に面白くなりそうですね。

また、試合を観戦しているファンやサポーターのツイートも表示されます。

例えば「Jリーグ・ゾーン」のサービスが開始された2017年4月2日の試合では、アビスパ福岡と横浜FCの試合が雷と雹(ひょう)が降る荒れた天気で中断される珍しい出来事がありましたので、「すごい雹で試合中断」などのツイートが多く流れていましたね。

こういった内容の情報が常にサブ画面に表示されており、この「Jリーグ・ゾーン」という番組を見ているだけで、その時間帯に行われている全ての試合の大まかな雰囲気を知って楽しむ事が出来ます。
スポンサーリンク


Jリーグ・ゾーンの欠点や改善点?

ここまで「Jリーグ・ゾーン」の事を褒めてばっかりで少し気持ち悪い文章になっている可能性もありますので、あえて私が感じた欠点や改善点も頑張って書いておきたいと思います。

まず同時に3画面を視聴する事ができますが、1試合の画面はそこそこ大きいんですが、その他の2試合の画面も非常に小さく見ずらいです。

私はパソコンで視聴していますので大丈夫ですが、スマホでこのサイズの画面でサッカーを視聴するのは流石にしんどいんじゃないでしょうか?

そして、この3画面で配信されている試合はDAZN側が決定しており、こちらで見たい試合を選ぶ事は出来ません。

おそらくですが、DAZNに加入している人の中には自分が見たい3試合を自由に設定したいという意見も出てくると思います。

実況などの音声も、3画面の内で最も大きな画面で配信されている試合の音声しか流れませんので、この部分も自由に設定したいと思う人もいるかも知れませんね。

また、3画面の内2画面で同じ試合を配信していたりなど、勿体無いミスもありましたね。

改善点はあっても欠点は特にないのでは?

欠点や改善点を書くつもりでしたが、正直に言って私は個人的にあまり欠点などは感じませんでした。

上記で書いた内容も、おそらくこういった意見も出てくるだろうなーと思ったから書いただけで、私自身は「Jリーグ・ゾーン」に関しては予想をはるかに上回る高評価です。

こういった面白い試みは今後もどんどん行ってほしいと思っています。

まず3画面を自由に設定したいという意見に関してですが、あれだけころころ配信される試合の画面が切り替わるのであれば、自由に設定する意味なんてないでしょう。

むしろ「Jリーグ・ゾーン」の最も面白い部分は、その時間帯に行われている試合の中でチャンスシーンがあれば、慌しいほど試合の映像が切り替わるシステムだと思います。

もし落ち着いてご自分で見たい試合があるのであれば、その試合の配信映像を選んで視聴するべきでしょう。

また、同時に数試合の映像を落ち着いて視聴したいのであれば、スマホやタブレット、パソコンなどが2台以上あれば2試合までは同時視聴は可能ですので、そちらを選択するべきだと思います。

また、「自分で見たい試合が選べない」という部分は決して悪い事だけでもない気がします。

チャンスシーンや得点シーンだけとは言っても、普段では絶対に見ないであろう試合を見る機会がある事は、地方チームの隠れたファン発掘にも役立つかもしれません。

とにかく、特に贔屓のチームがない人にとっては非常にオススメの番組ですので、このページで興味を持った人は一度視聴して見て下さいね。

スポンサーリンク


DAZN(ダゾーン)に関して

DAZN(ダゾーン)の感想と評価、口コミやレビューについて

DAZN(ダゾーン)サッカーJリーグのカクカク止まる画質や映像に関して

DAZN(ダゾーン)に分かりやすい番組表やスケジュール表はあるのか?

DAZN(ダゾーン)の契約者数、加入者数は非公表。元は取れるのか!?

DAZN(ダゾーン)のサッカーJリーグの実況やハイライト

DAZN(ダゾーン)ではACL、天皇杯、ルヴァンカップは見れない?

DAZN(dazn、ダゾーン)がお詫びとして2週間無料期間延長に

DAZN(dazn、ダゾーン)のサッカーをスマホで観戦してみた感想

DAZN(ダゾーン)では何台の機器で同時視聴できるのか?

DAZN(ダゾーン)で見れる海外サッカーリーグや大会の種類