.... .... ジョン・チュン・グン選手の特徴とプレースタイル 横浜FC | サッカー、Jリーグ好きの趣味ブログ

サッカー、Jリーグ好きの趣味ブログ

Jリーグに興味のある人は是非参考にして下さいね

ジョン・チュン・グン選手の特徴とプレースタイル 横浜FC

time 2017/04/14

ジョン・チュン・グン選手の特徴とプレースタイル 横浜FC

2017年、J2の横浜FCに韓国人のジョン・チュン・グン選手が加入しました。

実はこのジョン・チュン・グン選手はなかなか珍しく面白い経歴の持ち主なんですね。

韓国の中学校卒業後にスカウトされフランスのFCナントユースに加入、その後は18歳でプロ契約を勝ち取っています。

残念ながらFCナントではトップチームでデビューできずに、セカンドチームのみの出場だったみたいですが、若くして海外に飛び出したメンタルは素晴らしいと思います。

そこでこのページでは、ジョン・チュン・グン選手の特徴やプレースタイルについて説明させていただきます。

あくまで私の個人的な意見ではありますが、実際にジョン・チュン・グン選手が出場しているJリーグの試合を観戦しての意見ですので、Jリーグに興味のある人は是非参考にして下さいね。
スポンサーリンク


ジョン・チュン・グン選手の特徴とプレースタイル

まずは簡単にジョン・チュン・グン選手の基本情報について説明させていただきますね。

身長は184センチ 生年月日は1995年3月1日生まれで、Jリーグ加入時は21歳です。海外でのプレー経験はありますが、Jリーグ加入時でまだ21歳なので、まだまだ成長が期待できる年齢ですね。

ポジションはMFで、在籍している横浜FCでは2列目の右サイドハーフとして出場する事が多いようです。

さて、ジョン・チュン・グン選手の特徴やプレースタイルについてですが、やはり184センチの体格を生かし、韓国人らしいフィジカル系の大型MFの選手!と思いきや、足元の技術が非常に高くボールタッチが柔らかいタイプの選手です。

つまりフィジカルも強いし、足元の技術も高く弱点が特に見当たらない良い選手ですね。

高さも強さもあり、玉際でもしっかり戦えて尚且つ足元の技術も高いため、サイドでボールをキープしてタメを作る事もできます。

また、こういった体格があって玉際が強い選手の場合、スピードがない印象がありますが、ジョン・チュン・グン選手の場合はでかくて早いです。

守備も献身的にこなしますので、攻守において穴が見当たらない素晴らしい選手ですね。
スポンサーリンク


登録はMFだがFWもこなせる万能選手

所属している横浜FCではMFで登録されていますし、実際に2列目のサイドハーフとして出場する事が多いジョン・チュン・グン選手ですが、チームの状況によってはFWでプレーする事もあります。

本人のインタビューを聞いていても、元々はFWとしてプレーした経験も豊富なようですので、攻撃的なポジションならどこでもこなせるようですね。

FWとしてプレーしている彼の印象は、ストライカータイプというより、シャドーやセカンドストライカー的なプレーが得意なようです。

実際にアシストなどチャンスメークで得点に絡むシーンは良くみかけますが、どちらかと言うと中央でプレーするよりもサイドの方が良さを発揮できそうですね(3トップのウィングで出場している事もありましたし)

フィジカルも強くキープ力があり、ドリブルもパスもクロスなど全ての能力が万遍なく高いので、後はこれで得点が取れるようになれば本当にとんでもない選手になる可能性もありますね。

まだまだ若い選手ですので、今後も追いかけていきたいと思います。
スポンサーリンク